光ファイバー人気ランキング

ホーム » 水が健康に良い理由 » 30歳から疲れやすくなったら|水で体質改善して元気を取り戻そう

30歳から疲れやすくなったら|水で体質改善して元気を取り戻そう

女性の大厄は33歳で、次のようにうちわけられます


前厄32歳・本厄33歳・後厄34歳


厄年なんて昔の迷信だと考える向きもありますが、実のところどうなのでしょうか
大厄も含めて厄年は女性の場合で4歳・13歳・19歳・33歳・37歳・61歳といわれますが
昔の社会環境で考えると13歳で結婚、19歳で出産ということも特別なことではありません


33歳は「散々」の語呂あわせで大厄との説もありますが、もっと深刻な理由がありそうです
現代社会でも30歳を過ぎてから疲れがとれにくくなった、疲れやすくなったという声が多く
30代に入ると様々なストレスが蓄積されて心身に影響が出る時期と思えなくもありません


男性の厄年を見てみると大厄が42歳となっています

前厄41歳・本厄42歳・後厄43歳


男性の場合は42歳「死に」の語呂合わせともいわれますが、現代社会に照らし合わせても
仕事で中間管理職など責任のある立場になり、ストレスを抱え込む時期と一致します
昔で言うと、42歳は働き盛りを過ぎてそれまでの疲れがどっと出る時期だったはずです



特に女性が30歳から疲れやすくなったと悩むのは厄年と大体一致するわけですね



疲れやすくなった体を水を飲んで体質改善するという健康方法があるのをご存知ですか
人間の体は弱アルカリ性に保たれるのが健康な状態ですが、食生活のバランスが崩れたり
ストレスによって活性酸素が過剰になると人体が弱アルカリ性から酸性にかたよります


鉄のクギが酸化して錆びるように、体内の血液や体液も酸性に偏ると錆びた状態になって
うまく循環することが出来ないので、体のあちらこちらで不調が起きてしまうことになります
つまり、バランスが崩れた体内を弱アルカリ性に戻してやることが体質改善の要ということです


錆びた体を弱アルカリ性に戻すと注目されるのがアルカリイオン水です。しかし種類が多過ぎて
どの飲料水を飲めば良いのか、迷ってしまうところですが、数あるミネラルウォーターの中でも
桜島に近い、垂水温泉の温泉を汲み上げた、天然温泉水99で疲労回復できたと評判ですね!




コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://miraing.com/mt/mt-tb.cgi/12

Return to page top