光ファイバー人気ランキング

ホーム » ミネラルウォーターの選び方 » ミネラルウォーターの効能|Ph値で弱アルカリ性の飲料水を選ぼう

ミネラルウォーターの効能|Ph値で弱アルカリ性の飲料水を選ぼう

人の体は弱アルカリ性に保たれるのが理想的といわれます


健康志向でミネラルウォーターを飲むには弱アルカリ性のものを選びましょう
高齢者から赤ちゃんまで無理なく体に吸収されていくので内蔵にも優しいのです
弱アルカリ性の水を選ぶにはPh(ペーハー)値で判断することになります


Ph値は0~14まであり、0に近いほど酸性、14に近いほどアルカリ性が強くなり
真ん中の7が中性とされ、弱アルカリ性の水はPhが7.1~8.0のものをさします
人の体液のPhは、健康体で7.35~7.45くらいの弱アルカリ性に調整されるのです


例えば酸性の場合のPhは塩酸が0、胃液が1.8~2.0、レモン汁が2.0~3.0となり
純粋が7.0の中性で水道水は中性で5.8~8.6程度となり牛乳で6.4~7.2になります
血液は7.4、海水も8.3なので弱アルカリ性で水酸化ナトリウムは14.0のアルカリ性です



血液や海水がそうであるように体には弱アルカリ性が適しています



そもそも、酸性が強過ぎたり、アルカリ性が強いと飲料水として飲みづらいものです
やはり本能的に体がうけつかようとしないからでしょうか、レモン汁もビタミンCとはいえ
そのままでは酸っぱくて飲めたものではありません、やっぱり唐揚げに絞るのが一番です



体のPh値が酸性にかたよると、抵抗力が落ちたり、体臭や口臭がひどくなると言われます



食品では肉や魚類は酸性よりで、野菜類はアルカリ性よりのものが多いので肉を食べたら
野菜もしっかり食べろという教えを守ってバランスの良い食生活をこころがけましょう
その上で、弱アルカリ性のミネラルウォーターを飲み続けるとより効果を高めます


国産のミネラルウォーターはがPh6.6~8.3の中性から弱アルカリ性が多いので
その中で7.1~8.0程度の弱アルカリ性のものを選ぶと良いでしょう
最近はPh9.5~9.9とよりアルカリ性が高い温泉水も注目されています





コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://miraing.com/mt/mt-tb.cgi/5

Return to page top