光ファイバー人気ランキング

ホーム » ミネラルウォーターの選び方 » 硬水と軟水の違い|子供の飲料水にはどちらが良い

硬水と軟水の違い|子供の飲料水にはどちらが良い

飲料水に適したミネラルウォーターを選ぶにはまず次の2つをチェックしましょう


・硬水か軟水か確認する

・弱アルカリ性かどうかをPh値で確かめる


硬水を英語でhard water、軟水をsoft wateというのですが、そのまんま直訳ですね
水の硬さ、硬度(カルシウムとマグネシウムの量)によってその違いを見るのですが
ミネラルウォーターはペットボトルなどに硬度が表示してあるのでそれを確認します


硬度が100以下で軟水、101~300で中硬水、301以上で硬水となります


海外のミネラルウォーターには硬水が多く、国内で取れる天然水はほとんど軟水です


コントレックスは超硬水、エヴィアンは中硬水、ヴィッテルは硬水とされます


日本人の場合は硬水が体質に合わない場合が多く、胃腸の調子が悪くなり下痢をするなど
お腹ををこわす方が多いことから、ミネラルウォーターも軟水が好まれる傾向にあります
しかし、硬水はダイエット効果があるという説もありあえて選ぶ場合もあるようですね


ミネラルウォーターを飲料水に使う場合は子供さんや特に赤ちゃんへの影響が気になります
前述のように硬水はお腹をこわすこともあるので子供だけでなく大人も注意が必要ですが
特に赤ちゃんのミルクは硬水よりも軟水を使うことをおすすめします


国産のミルクは日本の軟水を基準に作られており、ミネラルバランスの良い軟水に適します
逆にカルシウムやマグネシウムが多い硬水の場合は特定のミネラルに偏ってしまうことになり
赤ちゃんの内臓に負担がかかったり、喉の渇きや栄養分やミネラルの吸収率が悪くなるからです


日本では硬水でミルクを調乳するのは避けるようにしましょう



ミネラルウォーターが酸性かアルカリ性、弱アルカリ性かをPh値で見る方法は別項にて






コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://miraing.com/mt/mt-tb.cgi/4

Return to page top