光ファイバー人気ランキング

ホーム » ミネラルウォーターの選び方 » ミネラルウォーターの安全性|放射能の水への影響は大丈夫なのか

ミネラルウォーターの安全性|放射能の水への影響は大丈夫なのか

福島第一原発の事故により放射性物質が飛散したことでそれまで気にもしなかった
水道水だけでなくミネラルウォーターなどの放射能汚染についても注意が必要になりました
放射線モニタリング情報/文科省で水道水の放射能の検査結果を情報公開しています


水道水よりもより、地中深くから湧き水を汲み上げるミネラルウォーターの方が
放射能汚染の可能性が低いのではないかと、一時期、ミネラルウォーターのサーバーや
ペットボトルの利用が特に東北・関東圏で集中して品切れ状態となったこともありました



ミネラルウォーターの放射性物質は本当に安心なのでしょうか



原発事故があったエリアに近いほど放射能が地中に浸透している可能性は高いので
できるだけ遠い関西や九州の湧き水を使用したミネラルウォーターが注目されています
それでも、年数と共に飛散した放射能が遠距離に至っていることも考えられるわけです


地下深くから汲み上げた湧き水とはいえ、ミネラルウォーターを選ぶときには必ず
放射能検査をしたという証明書が提示されている業者のものを選ぶようにしましょう
定期的に放射能検査を行い放射性ヨウ素・セシウムの検出値を明示していることです


温泉水99は鹿児島の垂水温泉の地下750mから汲み上げた天然アルカリイオン水なので
距離的にも原発事故の放射能の影響はほとんどないことは分かりますが、その上さらに


徹底して放射能検査を行っているので安心して飲料水として使えるのです


温泉水99は外部検査機関での定期的な放射能検査を行っており、2013年3月にも
放射性ヨウ素(ヨウ素131)および放射性セシウム(セシウム134およびセシウム137)
ともに不検出の測定結果が出ており、サイトで検出結果を公表しています


>>放射能検査も万全だから家族で安心して飲める温泉水について



コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://miraing.com/mt/mt-tb.cgi/15

Return to page top