光ファイバー人気ランキング

ホーム

子供にも安心なミネラルウォーター|放射能汚染の無い安全な飲料水はこれ

kazokumoansin.png



>>テレビ・雑誌等で今話題の天然アルカリイオン水「温泉水99」


家族の健康の為に良い水を選ぶなら品質検査による安全性は第一条件



湧き水 天然水  ◎ミネラルウォーターを選ぶときに気になるのは?

 ・天然水は放射能に汚染されてないの

 ・温泉水が良いというが品質は大丈夫なの

 ・軟水と硬水の違いでどのような影響があるの

 ・赤ちゃんの調乳には不向きと聞くけど

 ・子供に飲ませるので成分や品質の安全性が心配



家族の健康維持にミネラルウォーターを飲もうとした時にやはり一番気になるのが

放射能汚染なのは原発事故の影響がまだ残っているからです

温泉水99は世界トップクラスの「天然アルカリイオン水」ですが

そのすぐれた成分だけでなく品質にこそ自信を持っています

安全性を徹底的に追求しており、外部機関による放射能検査もクリア

放射性ヨウ素(ヨウ素131)および放射性セシウム(134・137)ともに

不検出の測定結果が出ているのでご家族の飲料水としても安心

2013年の検査結果は次の放射性物質検査証明書で確認できます

↓↓↓

(クリックすると大きく表示されます)



onsensui_housyanoukensa.jpg



放射性物質ウランについても利用者からの要望で2012年に検査しており

検出下限値0.1Bq/kg未満という結果が出ているのでこちらも安心です

↓↓↓

(クリックすると大きく表示されます)



uran_kensa.jpg




「とにかく、飲んでみないと分からない」という方にはこちらのお試しコース



>>【温泉水99】お試しキャンペーン実施中♪


13Lの「バッグ イン ボックス(Bag In Box)」タイプはこちらの公式サイトで

温泉水99が楽しく分かるマンガも読めるので詳しく知りたい方はのぞいて見ましょう




>>「温泉水99」のメーカーサイト!



管理栄養士の木下あおいさんも推奨|秘密のフードとして温泉水99を愛飲

インナービューティープランナーや管理栄養士として活動する木下あおいさん


腸トリートメントダイエットという自著もある有名な健康アドバイザーですが
モデルのような容姿から"美し過ぎる管理栄養士"と呼ばれる人気者です


その木下あおいさんが女性自身2013年1月8・15日合併号(光文社)の特集
「キレイなあの人がキレイになったフード&コスメ」の中で触れている
秘密のフードのひとつとして飲料水なら温泉水99だとおすすめしています



温泉水99が健康や美容にも良いといわれるのは理由があります


水クラスターが水道水よりも小さいので肌細胞の奥まで浸透するからです
これによって、飲料水として飲んでも内側から細胞への浸透力が違いますし
化粧水のように使用しても皮膚を通って肌の奥に浸透して潤いを作ります

(水クラスター:水分子が水素結合で結びついてできる集合体)



高いアルカリ性:普通の水のほとんどがpH7前後の弱酸性か中性ですが
「温泉水99」 はpH9.5~9.9とアルカリ性が非常に高いお水で
そのアルカリ性はキャベツやにんじんなど野菜に近いレベルなのです


超軟水:日本の天然水は硬度20~100の軟水が多く、世界的にも
おいしい水と評価されています。中でも「温泉水99」は硬度2以下という
けたちがいの軟水で"超軟水"と呼ばれ、誰でも飲みやすいのが特徴


サビない水:「温泉水99」にクリップ等を入れておい実験すると
水道水と比べてあまりさびがでません。これはアルカリ性が高い為か
温泉水99は酸化するスピードが水道水に比べて非常に遅いからです



温泉水99の特徴は、酸化してサビた体を弱アルカリ性にもどすことで
健康を保つ効果が期待できるのですが、それは美容の基礎でもあります
高い浸透力によってお肌の潤いを保てば美肌を作ることができるのです


モデルの方々も温泉水99を愛用しており、雑誌でも紹介していますね
徳澤直子さん(美人百花2013年7月号)は"朝欠かせない飲み物"として
美容室dea代表・ちはるさんも(Lips(りっぷす)2013年7月号)で紹介


タレント・神田うのさんやモデル・女優の高垣麗子さんもおすすめしてます


美と健康を追求するプロフェッショナルが選ぶことが品質の証ではないでしょうか




水を1日に2リットル飲むと良いの?人間の体に必要な摂取量と健康の関係

水を1日に2リットル飲む健康法


これが本当に健康に良いのかどうかは個人差があるので何ともいえませんが
人間の体に必要な水の摂取量について正しく知っておいた方が良いでしょう


人間の体内では成人で1日に延べ180リットルもの水が使われるといわれます
そのうち1日に体を出入りする水の量は1日に2リットル程度なのです
そこで、1日に2リットル水を飲むという発想が出たのかもしれません


実際に、体内に補給されて、排出される2リットルの水を細かく見ていくと


体内に取り入れる水
・飲料水・・・1リットル
・食事などから・・・0.7リットル
・代謝水(食物が体内で酸化してできる水)・・・0.3リットル


体から排出される水
・尿・・・1リットル
・不感排泄(呼吸や汗)・・・0.9リットル
・便・・・0.1リットル


となります。これも個人差はあるのですが大体このような内訳です
(からだにいい水・悪い水 著・江藤カズオ&水問題取材班より)



飲料水として飲む水は1リットル程度で、後の1リットルは食事などで補います
そう考えると、1日に2リットルの水を飲むことは多過ぎるともいえそうですね
ただし、運動量や猛暑日など環境によって多めに水分を摂取する時もあります


大切なのは人間の体には1日に総量で2リットル程度の水が必要だということです
良い水を補給してやることで体の状態も良くなっていくことは明らかでしょう
毎日使う水をより体にやさしい天然アルカリイオン水にしてあげるのも方法です


世界最高峰の天然アルカリイオン水 温泉水99はその条件を満たしています




Return to page top