光ファイバー人気ランキング

ホーム

水で体が変わる|ヒトの血液は弱アルカリ性に保たれる

人間の血液は緩衝作用によって弱アルカリ性に保たれるようにできています
人の体は体液も含めて弱アルカリ性を維持して健康な状態でいられるわけです
血液が酸性に傾くことはよほどの重病でなければ起きないといわれますが



ストレスや食生活の乱れで体が酸性に傾くとさびた状態が進行します



血液を弱アルカリ性に戻そうと緩衝作用が働くところに負担をかけないように
弱アルカリ性の飲料水を飲んだ方が体に優しく、健康に良いと言われるわけです
錆びた状態とは活性酸素により細胞がダメージをうけることを表現しています


家具などで、ねじやちょうつがいが錆びるとギシギシと動きが硬くなりますが
人間の体も、酸性に傾いて細胞に負担がかかると筋肉が動きにくくなります
ストレスがたまって肩こりになり、首を回すとグリグリいうような感じですね



さびた体を弱アルカリ性に戻すのにアルカリイオン水を飲みましょう



アルカリイオン水を飲んでも、健康に影響があるという実質的なデータは無いという
情報もありますが、アルカリイオン水にもいくつか種類があるのをご存知ですか
アルカリイオン整水器によって水道水を電解して作るアルカリイオン水だけではありません


天然アルカリイオン水は、地下から湧いたナチュラルミネラルウォーター


中でも、鹿児島の桜島近くにある垂水温泉の地下750mから湧き出た天然温泉水は
世界最高峰の天然アルカリイオン水としてその成分が注目を浴びています
愛飲されている方々が体質の変化を実感したと言われることが効果を証明しています


ミネラルウォーターを謳っていながら、実は天然水ではないという商品もあります
温泉水99は垂水温泉の地下750mから47度で汲み上げられる正真正銘の天然アルカリイオン水
それを、徹底した品質チェックと衛生管理してボトリングしているので安心です


原因不明の体調不良を改善したい|水を飲んで体を整える方法

疲れが取れない

いつも体がだるい

毎日頭が重い


体調不良を感じて医者に相談、検査しても「悪いところは無い」と診断され
原因不明のまま辛い毎日を送っているという悩みを持つ方が増えています
"自律神経失調症"や"不定愁訴"など病名をつけるのは置いといて



水で体を整える、体質改善を試してみませんか



桜島に近い垂水温泉の温泉水が体を整える水として注目されています
飲料水として飲み続けることで体を弱アルカリ性に変えることができ
それまで感じていた体調不良が改善したと喜ばれる方が多いのです


疲れが体は、酸性に傾いて"サビていくことで"不安定な状態


元気な体は、本来の弱アルカリ性に保たれて安定しています


サビた体を弱アルカリ性に戻すのがアルカリイオン水なのです



温泉水99は天然アルカリイオン水なので水道水を電解して作る
アルカリイオン水とは違い、Ph9.9という野菜に近いアルカリ度や
超軟水という硬度なので性質や飲みやすの違いに驚かれます



温泉水99を飲まれている老若男女の方々から嬉しいお便りが届きます


「便通が悪くて悩んでいたが、温泉水を毎朝コップ1杯飲むと、腸が安定して快便に!」

「難病を患ってから飲んでいるが、体調も安定した状態が続いています」

「疲れやすかったのが、半年ほど飲んでいるとダルさや霞がかかった感じがなくなった」

「いろいろな水を試したが、高いアルカリ性が不摂生な体を元の状態に戻してくれる感じ」


それぞれは、個人の感想ですが、弱アルカリ性の体質に改善されることでそれまで感じた
体調不良が気にならなくなったり、爽快になったりという声がたくさん寄せられます
良い水を飲みなさいとは医者の処方箋にはありませんが、体にとって大切なことです


まずは、温泉水99お試しセットでご自身や、ご家族の口に合うか確認されると良いでしょう




30歳から疲れやすくなったら|水で体質改善して元気を取り戻そう

女性の大厄は33歳で、次のようにうちわけられます


前厄32歳・本厄33歳・後厄34歳


厄年なんて昔の迷信だと考える向きもありますが、実のところどうなのでしょうか
大厄も含めて厄年は女性の場合で4歳・13歳・19歳・33歳・37歳・61歳といわれますが
昔の社会環境で考えると13歳で結婚、19歳で出産ということも特別なことではありません


33歳は「散々」の語呂あわせで大厄との説もありますが、もっと深刻な理由がありそうです
現代社会でも30歳を過ぎてから疲れがとれにくくなった、疲れやすくなったという声が多く
30代に入ると様々なストレスが蓄積されて心身に影響が出る時期と思えなくもありません


男性の厄年を見てみると大厄が42歳となっています

前厄41歳・本厄42歳・後厄43歳


男性の場合は42歳「死に」の語呂合わせともいわれますが、現代社会に照らし合わせても
仕事で中間管理職など責任のある立場になり、ストレスを抱え込む時期と一致します
昔で言うと、42歳は働き盛りを過ぎてそれまでの疲れがどっと出る時期だったはずです



特に女性が30歳から疲れやすくなったと悩むのは厄年と大体一致するわけですね



疲れやすくなった体を水を飲んで体質改善するという健康方法があるのをご存知ですか
人間の体は弱アルカリ性に保たれるのが健康な状態ですが、食生活のバランスが崩れたり
ストレスによって活性酸素が過剰になると人体が弱アルカリ性から酸性にかたよります


鉄のクギが酸化して錆びるように、体内の血液や体液も酸性に偏ると錆びた状態になって
うまく循環することが出来ないので、体のあちらこちらで不調が起きてしまうことになります
つまり、バランスが崩れた体内を弱アルカリ性に戻してやることが体質改善の要ということです


錆びた体を弱アルカリ性に戻すと注目されるのがアルカリイオン水です。しかし種類が多過ぎて
どの飲料水を飲めば良いのか、迷ってしまうところですが、数あるミネラルウォーターの中でも
桜島に近い、垂水温泉の温泉を汲み上げた、天然温泉水99で疲労回復できたと評判ですね!




Return to page top