光ファイバー人気ランキング

ホーム

ミネラルウォーターの効能|Ph値で弱アルカリ性の飲料水を選ぼう

人の体は弱アルカリ性に保たれるのが理想的といわれます


健康志向でミネラルウォーターを飲むには弱アルカリ性のものを選びましょう
高齢者から赤ちゃんまで無理なく体に吸収されていくので内蔵にも優しいのです
弱アルカリ性の水を選ぶにはPh(ペーハー)値で判断することになります


Ph値は0~14まであり、0に近いほど酸性、14に近いほどアルカリ性が強くなり
真ん中の7が中性とされ、弱アルカリ性の水はPhが7.1~8.0のものをさします
人の体液のPhは、健康体で7.35~7.45くらいの弱アルカリ性に調整されるのです


例えば酸性の場合のPhは塩酸が0、胃液が1.8~2.0、レモン汁が2.0~3.0となり
純粋が7.0の中性で水道水は中性で5.8~8.6程度となり牛乳で6.4~7.2になります
血液は7.4、海水も8.3なので弱アルカリ性で水酸化ナトリウムは14.0のアルカリ性です



血液や海水がそうであるように体には弱アルカリ性が適しています



そもそも、酸性が強過ぎたり、アルカリ性が強いと飲料水として飲みづらいものです
やはり本能的に体がうけつかようとしないからでしょうか、レモン汁もビタミンCとはいえ
そのままでは酸っぱくて飲めたものではありません、やっぱり唐揚げに絞るのが一番です



体のPh値が酸性にかたよると、抵抗力が落ちたり、体臭や口臭がひどくなると言われます



食品では肉や魚類は酸性よりで、野菜類はアルカリ性よりのものが多いので肉を食べたら
野菜もしっかり食べろという教えを守ってバランスの良い食生活をこころがけましょう
その上で、弱アルカリ性のミネラルウォーターを飲み続けるとより効果を高めます


国産のミネラルウォーターはがPh6.6~8.3の中性から弱アルカリ性が多いので
その中で7.1~8.0程度の弱アルカリ性のものを選ぶと良いでしょう
最近はPh9.5~9.9とよりアルカリ性が高い温泉水も注目されています





硬水と軟水の違い|子供の飲料水にはどちらが良い

飲料水に適したミネラルウォーターを選ぶにはまず次の2つをチェックしましょう


・硬水か軟水か確認する

・弱アルカリ性かどうかをPh値で確かめる


硬水を英語でhard water、軟水をsoft wateというのですが、そのまんま直訳ですね
水の硬さ、硬度(カルシウムとマグネシウムの量)によってその違いを見るのですが
ミネラルウォーターはペットボトルなどに硬度が表示してあるのでそれを確認します


硬度が100以下で軟水、101~300で中硬水、301以上で硬水となります


海外のミネラルウォーターには硬水が多く、国内で取れる天然水はほとんど軟水です


コントレックスは超硬水、エヴィアンは中硬水、ヴィッテルは硬水とされます


日本人の場合は硬水が体質に合わない場合が多く、胃腸の調子が悪くなり下痢をするなど
お腹ををこわす方が多いことから、ミネラルウォーターも軟水が好まれる傾向にあります
しかし、硬水はダイエット効果があるという説もありあえて選ぶ場合もあるようですね


ミネラルウォーターを飲料水に使う場合は子供さんや特に赤ちゃんへの影響が気になります
前述のように硬水はお腹をこわすこともあるので子供だけでなく大人も注意が必要ですが
特に赤ちゃんのミルクは硬水よりも軟水を使うことをおすすめします


国産のミルクは日本の軟水を基準に作られており、ミネラルバランスの良い軟水に適します
逆にカルシウムやマグネシウムが多い硬水の場合は特定のミネラルに偏ってしまうことになり
赤ちゃんの内臓に負担がかかったり、喉の渇きや栄養分やミネラルの吸収率が悪くなるからです


日本では硬水でミルクを調乳するのは避けるようにしましょう



ミネラルウォーターが酸性かアルカリ性、弱アルカリ性かをPh値で見る方法は別項にて






アルカリイオン水は健康に良いのか|整水器の電解水とミネラルウォーターの違い

アルカリイオン水が流行っていますが体にとってどのような効能があるのでしょうか


・アルカリイオン整水器で作った電解水

・天然のアルカリイオン水


実はこの2つに分けて考えた方が分かりやすいのです


スーパーマーケットやドラッグストアなどに設置してある無料で汲めるアルカリイオン水は
水道水から整水器によって陰極側で生成されるpH9~10のアルカリ性電解水であることが多く
陽極側で酸性の溶液も同時に作られ、それは美容効果があると謳われることもあります


この場合は、元の水は水道水なので生成される電解水がその品質に左右されることになります
水道水に含まれる以上のアルカリ金属、アルカリ土類金属(またはミネラル成分)はできません
陽イオンと陰イオンに電離する電解質(例えばアルカリ金属イオン)を加えることもあります


家庭用のアルカリイオン整水器も様々な種類が販売されていますが、健康ブームに便乗して
マルチ商法で「奇跡の水」的な誇大効果を謳ったことから悪いイメージがもたれたこともあり
厚生省が対策したことでそうした状況は減ってきましたが、購入には十分な吟味が必要です




天然アルカリイオン水とは自然の湧き水、ミネラルウォーターのこと


地下水などの湧き水がアルカリイオンを含有する場合にもアルカリイオン水として扱われます
本来、ミネラルウォーターは水道水の消毒に使われる塩素や鉄管のサビなどが含まれないことで
健康志向から利用者が伸びていますが、それにアルカリイオン水という特徴が加わったわけです


そもそも、"アルカリイオン"自体が学術的な定義ではないのでアルカリイオン水に関しても
水道水から作った電解水も地下から湧いたミネラルウォーターも同じように呼ばれているのです
アルカリイオン水は健康に良いのかについてはそれを踏まえて考えた方が良さそうですね


アルカリイオン水は「胃腸症状改善」などの効能があると厚生省も認めているのですが
学術的には証明されていないことから、本当に健康に効果があるのかという疑問も耳にします
しかしながら、アルカリイオン水を飲み続けて健康増進効果を実感した例が多いのも確かです


Return to page top